自作ゲーム紹介 12/12更新

自作ゲームの紹介
完成済み
StrateGem
ゴーレム 1枚.jpg砦 青.jpg
イニシアチブ 1枚.jpg
PLカード赤.jpg
処女作 二人用のプロット系戦略ゲーム
http://gamemarket.jp/game/strategem/
先手後手さを極力排した1対1のカードゲーム。その為にプロットを中心とした構成になっている。
MTGっぽく25点あるライフを先に0にした方が勝ち。カード収集と攻撃は同じリソースを使うので、カードを集めようとすると戦力が足りなくなる。とはいっても強いカードを取られるとにっちもさっちもいかなくなる。
1対1らしく投了終了なんのそのなキレッキレのゲームバランス。
説明書 strategemルール.pdf
わかりやすさを作り出すのは難しい事が良く分かった作品で、説明書も不親切だし、幻影カードもわかりにくいし、ライフ回復のルールもわかりにくい。最初に自分が作り出したかった状況、インタラクションは出来ているのでそう失敗もしていない。色々粗削りでゲームマーケットっぽい。説明書作り直して再販するかもしれない。
信仰上の理由でルールをネットに上げなかったのは失敗。BGGでもルールはpdfで上げてしまうのが主流だし、印刷しなくていいし更新出来るから今だったら上げるだろう。
イエローサブマリン秋葉原RPGショップにて委託販売中
そろそろ最初に作った50個が売り切れそう。再販がかかるかはその時に。

作成中
猫怪盗 三毛猫ルパンと白百合姫の城
ハート1.pngカード裏.jpg
家族向けのババ抜き系ファミリーゲーム
各自自分のババを持ち、それを抜かれてしまうと負け。負けないようにしながら相手の持っているお宝を奪い取り、もっともたくさん盗んだ怪盗が勝ち。ババ抜きのドキドキ感を失わせないようにしつつ、インカの黄金のように台無しになる前に逃げなければならない要素もある。


東方録
大学のサークルのみんなで作ったので僕の作品というわけではない。
超人ロックカードゲーム緑色の不死身エスパーが正体を隠匿しながら戦うゲームを東方っぽくしたもの。全体的にさらに個性を伸ばした調整が行われている。より強くより奇天烈に。ルールはもっとわかりやすく。
大きな変更点として情報カードをプラスなアイテムにするとともに裏面で異変が発生するようになった。
カードはこんな感じ
早苗.jpgチルの.pngエンディング.png
ルール 東方幻想録.pdf

5枚で15以下.png5へ.png
取引と信用
モノポリーっぽいゲーム
モノポリーを簡単にし、欠点の大部分を改良した。
モノポリーは古典といえるゲームであり、完全自由取引等現在でも使える部分が多くある、プレイヤーの脱落の要素が現代的ではなかった。この点を中心に多くの古い点を改善している。モノポリー本来のダイスを振る、振らせる楽しみと自由取引の面白さを楽しめるだろう。
信用を集めてカードを出す。カードはモノポリーでいう物件であり、そろえると強くなっていく。金を奪い取っていき、50コインたまるか全員脱落させると勝ち。自由取引である。
ルールは完成済み 箱を作って発注待ち
モノポリーよりも軽く、交渉が奨励され手早く終わる。負けてるプレイヤーへの救済を導入し、コンセプトであるモノポリーの悪い点の改善はかなり出来ている。
出来ればアナログゲームラボで販売
出来てはいるのですがあまりにも一般受けが悪すぎて印刷に出せない状態です。売るならprintplayになりそうです。

ダイスマジョリティ(の紙)
3から4人用のダイスゲーム。縦横エリアのマジョリティを二つのダイスを使って争う。
このゲームで重要なのはボードの方で、かなり色々な使い道がある。色々な使い道をしてほしい。いわゆるMODを作るためのゲーム。

2016/9/15作成
2016/10/15更新
2016/12/12

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック