10月11日(火)自分でプレイテスト(翻訳記事)

今日はカードのデザイン100枚並べるみたいなのを考えていて色々やったのですが色々めんどくさそうなので断念。一応塩漬けにしておきます。
図鑑つくって公開って大丈夫なんですかね。
ビジネス・カードデザイン100
http://www.hongkiat.com/blog/business-card-design-100-creative-examples-useful-tutorials-and-templates/
スルージエイジズもいいのですが今日はTeale先生の記事に良いのがあったので翻訳をしていきたいと思います。
http://www.leagueofgamemakers.com/playing-with-yourself/
Playing with Yourself
Teale Fristoe
ゲーム創りにはたくさんの段階がある。デザインを始めたらそれを開発に変え、最後には宣伝を行うことになるだろう。このすべての段階で発生するのはゲームをプレイするという事だ。そしてあなた自身よりも頼りになるプレイヤーは存在しない。
しかしながらあなたがもし私と似た考えをするなら、プレイ中にちょっとばかり熱中しすぎてしまうタイプだろう。私はゲームにかなり真剣なので、自分の時間と思考のほとんどをゲームに捧げている。そしてゲームをプレイ時にもちょっとばかり真剣になる事に驚きはしないだろう。残念ながらこの考えはデベロップ中のテストを無益なものにし、プロモーション中はその売り上げを失う結果をもたらす。そしてこの問題を抱えているのが私だけではないと私は確信しているよ。
だから今日は私が発見した自分のゲームのより良いテストプレイヤーになる方法をみんなにシェアしようと思う。この工夫の中から役に立つ物を見つけられれば良いと思っているよ。コメントで新しい物があったらどんどん言って欲しい。

デザインとデベロップ
ゲームのデザインとデベロップを行っているとき、あなたは数えきれないほどプレイテストをすることになるだろう。しかしただプレイしてみるのがプレイテストであると考えるのは間違いだ。あなたは全てのプレイテストを意識して(with mindset)行うべきだ。あなたのゲームから何かを見つけられるようにしない。ゲームの基本システムの可能性を探求し始めるなら、違ったコンポーネントや特別なルールによって物の肉付けを試してみなさい、そして最後にはすべての調和が取れていることを確認しなさい。そうすればほとんどのプレイテストに参加できるようになる。

1人プレイ
他の人たちに見せる前に、自分でプレイしてみるのは良い考えだ。もし非公開情報やブラフ、他のプレイヤーの行動を知るのにアドバンテージがあるゲームだったならゲームプレイがどうなるかわかりはしない。けれども1ラウンドか2ラウンドプレイしてみるのは重大なバグが発生しているか確かめるには良い方法だし、ゲーム中に何か考慮するに値する面白い事が発見できるかもしれない。プレイテスターに伝えるルールをしっかりしたものに出来るかもしれない。実際自分で新しいゲームをやってみるのは他のプレイヤーにテストを頼む前にやっておいた方が礼儀が良い。

探求
ゲームデザインを始めたら、あなたの初期のテストプレイはゲームシステムの理解と構造の核となる物(core structures)の試行錯誤に集中するべきだ。いいかえればテストプレイヤーは楽しい経験を期待するべきではなく、なにが上手く働きなにがうまく働いていないのか見極めてみようとするべきだ。この段階ではあなたは現在のバージョンの評価と、取り得る選択肢のブレインストーミングに焦点を当てるべきであり、勝ちを目指す事ではない。

一般的感覚
テストプレイ中にはゲームシステムに注目するべきだが、プレイヤーのゲーム経験はさらに重要だ。あなたが自分の意見を持つのはこの観点から見て有効だ。ゲームはあなたの心の特別な場所にいるので、明らかにそれは頼りには出来ない。しかしあなたのゲームがプレイして楽しめないなら他の人も楽しむことはないだろう。

奇妙な戦略
一度システムの核が出来たとしても、あなたはさらにテストを繰り返す事になるだろう。とくにゲームにどのようなメカニクスや特殊性?(special power)を内蔵させたいか決めるときには。この時あなたはゲームについて他のプレイヤーよりも良く知っているだろう。しかし一風変わった戦略を試してみる事でテストを行うことが出来る。そのほとんどは上手くいかないだろう、そしてそれは他のプレイテスターが上手くやるチャンスを与えることになる、そして上手くいったのならその方法についてもっと知りたいと思うようになるだろう。

下手
プレイテスターのほとんどには勧めない方法になる。しかしながら過激な戦術(例えば積極的、消極的な方向に突っ切る)を試してみるのはそれがどれくらい煩わしいもので、どれくらい価値があるのか確認するのに使える。ゲームが混沌としたときプレイヤーがそのような戦略を試そうとするのは保証する。そしてその時そのような戦略が他のプレイヤーのゲーム経験を奪うようなことが起きないか確認するのが重要だ。

半分くらい来たのでここまで
ゲーム紹介 今日はソロゲームを
オニリム
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/156336/onirim-second-edition
「見慣れぬ遊戯」亭 http://blog.goo.ne.jp/zapper_/e/8cc2940a72a261d24809a00aa73738b2

ロビンソン漂流記
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/43570/friday
Sologamer http://solo-gamer.com/review_friday.html

シェフィ
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/150016/shephy
gioco del mondo http://gioco.sytes.net/shephy.htm

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック