10月19日(水) 秘密の計算(翻訳記事)

では昨日の続き
Teale Fristoe
stealthy math
http://www.leagueofgamemakers.com/stealthy-math/

トラック
何よりもスコアを図るのに使われる。状態の保存に非常に優れており、複雑な足し算を許容する。
テーブル
corporate_america_synergy.png
アメリカ経済界のボーナス表を式と表で表したもの
どっちがプレイヤーにとって良いだろうか?
画像は翻訳元のページから

簡単な曲線であっても式にするより表に表した方がプレイヤーにとってわかりやすいだろう。三角数(1361015...)やフィボナッチ数(123581321...)、2次方程式、指数曲線etc これらは全てゲーム中に使われる、しかしながらプレイヤーがそれを知っている必要はありません。プレイヤーはどこを見ればその正しい値がわかるのかさえ分かっていれば大丈夫です。
もし奇抜なものを求めているなら、Ecipseを見習ってみると良い。表の必要な部分しか公開しておらず、ゲームが進むごとに自然と公開される部分は増えていく。
pic1270746_md.jpg
Eclipseの表はゲームコマを使う事で必要なところ以外見せないようにしている
画像はBGGからお借りしました。 https://boardgamegeek.com/image/1270746/eclipse


トークン
トークンはゲームの状態を保存するもっともよい方法だろう。多種の計算の助けになる。多分トークンを用いるもっとも大きなメリットは計算の問題をただ数える問題に変換できることだ。とくに違った階級の物を一塊で扱える事、コマ(ここでは硬貨くらいの意味ですね)が増えすぎる問題をより大きく小さなものに両替する事で解決できる事が大きい。例えば1ポイントトークンと10ポイントークンを組み合わせる事で7枚で52を表すことが出来る。52枚もトークンは必要ない。

テーブルへの転送
数学の問題が数学にする必要が全くないときがたまにある。League of Gamemakerの同僚であるLeaguer Scott Caputoによると積み重なったポーカーのチップはその一例だ。プレイヤーはチップの数を数える必要はない。代わりに全く同じ高さに積み上げればよい。これは数学の問題を感知の問題に変えており、lほとんどの人々にとってはそちらの方が簡単だ。量を数字にする必要があるなんて誰も言っていない。
私が今作っているTrellisでは数学の問題の排除を目標として制作を行っている。ミニマムでzen aesthetic(禅の美意識)であり、その体験をゲームにしみこませようとしている。東海道もそのような本能的感覚を持っているが、最後に待っている巨大な計算の問題がプレイヤーの最終的なゲーム経験に不意打ちを与えてしまう。だから私はそれを避けたい。プレイヤーを煩わせる算数の問題を最小にする。プレイヤーは全く同じ量のトークンをゲームの初めに持ち(色が違うので、数える必要すらない)、最初にトークンを全部使ったプレイヤーが勝利する。ゲームは15に達するまでのレースである。大体プレイヤーには2から4のポイントが一度に発生するけれども、プレイヤーはこの計算を感覚的に行う事になる。この取り組みが潜在的にテーマに合わないものとはっきりって面白くない経験をゲームから取り除いてくれる助けになればとてもうれしい。多分2017年にお披露目するから、注目しておいておくれ。

翻訳元ぺージではここに画像があるのですが、色々思うところがあり自分で見てきてください。
http://www.leagueofgamemakers.com/stealthy-math/

今日はゲームコンポーネントを使って数学を隠し、プレイヤーをそれから守る方法についていくつか行ったよ。今日紹介した以外にもたくさんの例が他にある。他にデザイナーがプレイヤーの重みにならずに数学をゲームに含める賢い方法が他に思いついたら、私にコメントで教えてくれ。

ゲーム紹介
アメリカ経済界
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/125943/corporate-america
ふうかのボードゲーム日記 http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1777222.html
Eclipse
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/72125/eclipse
ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記 http://blog.livedoor.jp/akirapsychology/archives/52286502.html
東海道
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/123540/tokaido
「見慣れぬ遊戯」亭 http://blog.goo.ne.jp/zapper_/e/200589c7456cb92ce8533a4e213ee0de

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック