10月30日(日)萬印堂に行ってきました

ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け
http://hi.cs.waseda.ac.jp:8082/

猫怪盗の方説明書を発注しました。
いよいよ僕が箱詰めする時間がやってきそうです。ツラい
時間的には説明書を詰めるだけの状態に持っていきたいですね。

さて昨日は萬印堂に行ってきました。
東京の山手線から乗り換えて一本。東京の宅地は道幅狭い。近くのラーメン屋さんも非常に繁盛していて、東京の住宅地って感じがします。
雰囲気は明るいです。普通に事務所って感じ。
まあいろいろなトラブルがありましたが、対応してくださった担当の作道さんには感謝です。ついつい話し込んでしまいました。ポーカーとかブリッジとか。
今回は取引と信用の方の見積もりと細かなコンポーネントの調整のなどを行いました。
具体的には使うトークン、碁石ですね、とはいっても小さすぎて碁にはつかえなさそうな奴です。個数の決定と単価について相談に乗っていただきました。碁石は印刷しないので仕分けと箱詰めの価格が別にかかります。1個当たり1円強で済ませていただきました。300個つくるとすると合計で4から5000くらい必要になるのでこれも重要です。
それとは別に箱詰めには一つ当たりなんぼかかかります。そちらは2桁でした。自分でやるのと比べれば非常に安い。
基本的に印刷したものは何も言わなくても箱詰めしてくれるようです。
コインなどはサイズごとに基本料がかかるようなので、統一した方がいい事もあります。最小のコインと一つ上のコインは値段が同じなのでそちらを使ったほうが良いと思います。小さすぎるので。
ゲームマーケットへの直接搬入は言えばやってくれるそうです。ただ箱詰めまでやっておかないと厳しい。その場で箱詰めは無理でしょう。
若干納期が予想よりも短かくなったので注意

初めての人向けに配っているらしい萬印堂オリジナルの575神経衰弱も貰いました。
http://mnd.sakura.ne.jp/index.php
他のところがどうなっているのかはよくわかりませんが、萬印堂では基本的にメールでのやり取りより直接相談しに行った方がいいです。忙しいようなのでサイトの更新もあんまり出来ていないみたいで、メールだと複雑な事は答えにくいみたいです。要するに直接話さないとほとんどわからないと、直接行けば物品の在庫のチェックなども出来ますし、サンプルの確認も出来ますし、メールで根掘り葉掘り聞くよりも簡単そうでした。
作るうえで疑問が多々出てくると思いますが萬印堂さんとは直接話した方が話が早いのでそちらをお勧めします。

ゲーム紹介
ヴォーパルス
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/130548/vorpals
遊星ゲームズ http://yusei-game.jp/yusei/yuseiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B9
ソラシノビ
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/200018/space-ninja
とりあえず日々ボードゲーム http://ameblo.jp/syuku-32/entry-12184921970.html
ロストレガシー
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/142039/lost-legacy
gioco del mondo http://gioco.sytes.net/lost_legacy.htm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443251799

この記事へのトラックバック