自作ゲーム紹介 猫怪盗

猫怪盗
捕まるか捕まえるか、宝物を盗めるのか、泥棒のスリルをあなたに

三毛のルパン.jpgcardura.jpg

3行紹介
①手軽 
1回20分かかりません。またルール説明も5分かからないでしょう。誰でもやったことがあるババ抜きをベースにゲーム性を高めました。どんな時どんな人とも手軽に遊べます。
②ドキドキできる
ババ抜きの面白さは全く損なっていません。プレイヤーは自分がカードを抜いたり抜かれたりするのに一喜一憂する事になります。そしてもちろんデザイナーが作ったゲームですから、ババ抜きよりも断然面白いです。他にもゲーム中に出会う様々なジレンマによりスリルがある時間を楽しめるでしょう。
③世界観

プレイヤーは猫の怪盗になり、城に侵入する事になります。そこでは様々な出来事があるでしょう。もちろん怪盗のターゲットにはお姫様も含まれます。怪盗を追いかける警部や罠、怪盗に様々な助言を与える占い師がゲームを盛り上げてくれます。

どんなゲーム?
プレイヤーは猫の怪盗になり、宝をたっぷりと抱え込んだお城に盗みに入ります。プレイヤーは他のプレイヤーの手札にあるカードを抜き、手札に出来たペアのカード出す事で泥棒します。しかしあんまり派手に動き回ってもいけません。他のプレイヤーに自分自身の心を盗まれてしまったり、警部や罠にはまって捕まってしまうかもしれません。プレイヤーは宝物を集めたら、捕まる前に上手く城から脱出しなければならないでしょう。
見事捕まらなかったプレイヤーの中でもっとも持っている宝物の価値が高かったプレイヤーが勝利する事になります。
様々なジレンマと盗む盗まれるのスリルを味わう事が出来ます。

コンポーネント
カード 37枚 
説明書 1枚
勝利点マーカー 4個

ルール
ルール兼チラシ表.png ルール兼チラシ裏.png

ストーリー
狙った獲物は逃がさない、神出鬼没の大泥棒三毛猫ルパンは、亡国の王族に伝わる王冠の噂を聞きつけ「白百合姫の城」と呼ばれる古城を訪れた。国1つ買えると言われる、豪奢な宝石で飾られた純金の王冠は、王族の末裔である絶世の美女「白百合姫」が守っているという。あわよくばお姫様もいただこうと意気揚々と城を訪れたルパンだったが、既にそこには三人の稀代の大怪盗が居て―――

コツ
カードを出しすぎると捕まってしまいますが、カードを出さないと先に逃げたプレイヤーに追いつけなくなります。バランスが重要です。
占い師は強力ですが手札が減ってしま事でリスクが増えるので目的意識を持ってい使うのが大事です。
誰から盗むかが重要です。盗めば盗まれた側にもチャンスが巡ってきます。

猫怪盗
プレイ人数:3~4人
プレイ時間:10~15分
対象年齢:8歳以上
発売日:2016年11月13日発売予定
本体価格:直売価格1700円(予定)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック