11月24日(木) part1 中盤 ワーカープレイスメントゲームの作り方

How to Design a Worker Placement Game Part 1 後半
http://www.leagueofgamemakers.com/how-to-design-a-worker-placement-game-part-1/
Luke Laurie

それでは昨日の続きを

2.イノベーションはイノベーションの呼ぶ
新しいゲームの発明は不十分だ。
テーブルゲーマーもパブリッシャーも発明を求めている。新しく面白く、少しは親しみやすいテーマとメカニクスを常に求めている。
(私の以前の投稿である"You cant over use a Good Theme."をみてくれ)
好都合な事に、あなたは創造性のあるデザイナーでワーカープレイスメントの革新させる大量のアイデアを既に持っている。必要な事はそれらのアイデア全てをまとめる方法を見つけ出す事だ。もちろん完全に可能性の話をするなら、あなたとあなた以外の多数が同時に同じ発想に取り組んでいる事もあり得る。分野の発展には自然に通るところがあるものだから。(Tom Jollyの独立した創造の記事を見てほしい。"Those Bastards Stole My game")
デザイナーは時々あるゲームのプレイから受けたインスパイアによって違ったテーマの似たゲームや現在あるメカニクスの少し違うバージョンを検討したと説明する。
一度新たな方向性で鍛え始めれば一つの違いが多くの違いを生む。マンハッタンプロジェクトのBrandon Tibbettsへのインタビューの中で、彼はVariable turn order(ターン順が変わる要素)への嫌悪がどのようにワーカープレイスメントのターン毎の「置くか取り除くか方式」への原動力となったかを説明している。この革新は他の革新に繋がっている。私を含む他のデザイナーはマンハッタンプロジェクトの様々な側面にインスパイアされている。
Brandon Tibbettsがデザイナーにした助言によれば
「ワーカープレイスメントにおいては今ある金型に収まっていないと感じる必要はない。ワーカーの種類や、アクションの遅延起動や即起動(その組み合わせ)、既に埋まっているアクションスペースの排他性の変化、いまだに発見されていない組み合わせがたくさんある。プレイヤーのワーカーが何かの方法で他のプレイヤーのワーカーと直接相互作用するみたいなことも出来るだろう。私はこれを見たことがないと思う。ワーカープレイスメントがどのように成熟するかについて話す事がたくさんある。しかしそうなっても探検する場所はたくさんあると思っているよ」

trobils_game.jpg
Asking for Trobils イノベーションの最前線
League of GamemakersのメンバーであるChristian Strainは仲間のErin McDonaldとともに新たな革新的なワーカープレイスメントゲームであるAsking for Trobilsの仕上げをしている。これは2014年5月のキックスターターに出されるものだ。このゲームは遊び心のあるテーマを扱い、たくさんのオレンジと、10分くらいで理解できるルールに焦点を当てている。(この記事は2014年4月に執筆されています。)
Christianの好意により、Asking for Trobilsのメカニック的な革新部分について教えてくれた。
「Asking for Trobilsは他のワーカープレイスメントゲームにありそうなたくさんのメカニクスを使っている。けれども他の物とは切り離されたひとつが重要だ。最初、プレイヤーはたった一つしか宇宙船を持っていない。しかしながらサイエンスアカデミーが入って出たもののコピーを作り出すワームホールを発見している。これは走り回るあなたが二人いるという事だ。プレイヤーは3隻目を手に入れるためにもう一度ワームホールを通ることが出来る。あなたはアクションスペースから他のプレイヤーを叩き出す事が出来るが自分自身を叩き出そうとすると片方は爆発してしまう。宇宙は自分自身との出会いを好まないのだ。

予想以上に長かったので今日はここまで。
残りは明日に回します。

ゲーム紹介
ツォルキン
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/126163/tzolk-mayan-calendar
The boardgame labratory http://tbgl.p1.bindsite.jp/games/TZOLKIN.html

村の人生
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/104006/village
たっくんのボードゲーム日記 http://www.tk-game-diary.net/village/village.html

蒸気の時代
bgg https://boardgamegeek.com/boardgame/4098/age-steam
のっち大物産展 http://angel.ap.teacup.com/superjack/594.html

いったい何が飛び出してくるのか。黒田幸弘氏,南治一徳氏,伊藤龍太郎氏が,クラウドファンディングを利用したiOS向け新作ゲームの開発をスタート。これまでと,これからのゲーム業界について語り尽くす
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20120517082/
【Jerry Chu】ゲームにとって,よい自動生成とは何か
http://www.4gamer.net/games/335/G033597/20161115104/
GoogleのAI翻訳ツールは独自の内部的言語を発明したようだ、そうとしか言えない不思議な現象が
http://jp.techcrunch.com/2016/11/23/20161122googles-ai-translation-tool-seems-to-have-invented-its-own-secret-internal-language/
トレーディングカードゲーム大会支援サイト - イザジン
http://www.izazin.com/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック