3月10日 Tabletop simulator について

突然莫大な時間が生まれたので、今日はTable top simulaterについて書いていきたいと思います。
略称はTTSです。
http://store.steampowered.com/app/286160/?l=japanese

一言で言うと遠隔地で一緒にボードゲームが出来るソフトです。最近VRでも出来るようになったらしい。
これの最大のメリットはどんなゲームでもできる点です。(もちろん準備は必要ですが)
どんな物でもプレイヤーが画面上に置く、動すことが出来ます。現実と同じように物を動かせるわけです。現実と同じように画面上でコンポーネントを置き、動かし、各プレイヤーがルール通りコマを動かす事によってゲームをする。

このソフト、リアルボードゲームと比べても出来ないことはないです。
プレイヤーに酒を用意するとかジュースを注ぐとか、リアルファイトを仕掛けるとかそれくらいですね。
まあ必要ないでしょ。

電源ゲームと比べると自動処理とかはあんまりしません。スクリプトで出来るんですが用意する人に負担がかかりますね。でもまあボードゲームはもともと自動処理できませんし。

なんでこれに注目したかというと、これを使えばゲムマで実際売り出すより先にゲームを発表出来るんですね。
これで作る → 評価が良い物は実際にリアルで作る。
みたいな流れが出来る訳です。
最近は資金をクラウドファウンディングで集める例も多いですし、そこら辺にも応用できますね。ていうか海外だと体験版をTTSでっていうのは結構多いです。

昔テストプレイをするのにも注目されていました。今でも使ってる人いるかも。
とりあえず面白そうなトピックを集めたので読んでください。

【Tabletop Simulator】オンラインで自作ボドゲが遊べるゲーム
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25193727?ref=search_key_video&ss_pos=2&ss_id=73ea4df2-1f01-4c8f-b284-f9ea1ecbdfff
ニコ動 ちょっと古め 本当こうゆう人いると助かります

テーブルトップシミュレーターワークショップを試してみた。1/2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29904848?ref=search_key_video&ss_pos=17&ss_id=4166dc23-4d67-4cf0-ac62-4f84663e95e9
ニコ動

【TTS】テーブルトップシミュレータ チュートリアルの適当日本語訳
http://sweets-and-spicy.topping.jp/archives/4080

物理エンジンによって卓上アナログゲームの環境を再現するシミュレータ「Tabletop Simulator」が2015年6月5日に正式リリース
4game.net
http://www.4gamer.net/games/302/G030292/20150522035/

King of Tokyo 翻訳データ&ルールブック 公開いたします
三毛猫チョビのちょびっとブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/mikeneko_grindhouse/blomaga/ar1014253

Steamワークショップ
http://steamcommunity.com/app/286160/workshop/

日本のコミュニティ
http://steamcommunity.com/groups/TTSJP

何分グレーな部分が多すぎる気がしますが自作のテストをするには色々できて便利そうです。
明日は神戸に行くから更新できないかもしれません。

テストプレイとの付き合い方
OKAZU brand:Yokohama Lab.便り
http://okazubrand.seesaa.net/article/410261196.html

ゲーム紹介
ゼルダの伝説 ボードゲーム
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/117837/legend-zelda-hyrule-fantasy

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447782638

この記事へのトラックバック