3月13日(月) SAN値0から始めるゲームデザインについて

ゲームマーケット神戸お疲れ様でした。今日は神戸で買ったこっちやさんのSAN値0から始めるゲームデザインについて書いていこうと思います。レビューは常に求められていますからね。書き手としても反応あるとうれしいもんだし、忘れないうちにとっとと書きましょう。

デザイナー向けの内容です。
ボードゲームデザインを長く続けるために重要な事がひたすら64ページにわたって記されています。
書いてある事は大別して三つ
①ボードゲームを制作、販売する上で知っておいた方が良い数字の知識
②自分のボードゲーム発想からを組み立てて実現するために、知っておいた方が良い技術的な知識
③ゲームデザインって何よみたいな、哲学的な考察
①、②で書いてあることは大体どれもなんとなく思っていたり、既に知っていることです。逆に言えばこの本に書いてある知らない事というのは自分に足りていない常識的な部分でもあるという事です。小さな業界ではありますが、それでも知らない事もまだ多い事がわかりました。
③では
・ボードゲームはリアルで人と一緒に遊ぶ分、口コミで発展しやすい
・ゲームとは幸福の再現性である
・ボードゲームのライバルは別のボードゲームではなくボーリング等他の遊戯
・ゲームの地雷性
といった考察が並んでおり、成る程と思わせる物でした。
考察は言いたい放題で一面の真実を突いてる感じです。反論するより論を発展させていく方向でブレストの材料として使うのが良いでしょう。
材料調達からゲームとは何かの哲学的な考察まで幅広く、あくまでも一貫してお客様ありきのゲームデザイナーとして述べているのが非常に良いです。1000円なんてちょっとまともにゲーム作ろうと思ったら2%にもならない額なので実質タダだと思って買っちゃいましょう。次はゲムマの春に売るそうですよ。


僕もゲムマ春に向けて次のゲームを作りますよ。
今度のゲームはかなり安定して皆に面白いと思ってもらえる題材にしました。金がない割に時間はあるので今回は多分手作りですね。頑張ります。
まずサイトの整理とかなー。それより先にワーカープレイスメントの翻訳ですね。

ゲーム紹介
ことりファイト
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/212765/birdie-fight
ぼっちのホビーBlog[暫定版] http://www.comonox.com/entry/boardgames/open/Birdie-Fight

酔いどれメデューサ
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/200586/yoidore-medusa
ゲムマ http://gamemarket.jp/game/%E9%85%94%E3%81%84%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%83%A1%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B5/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック