3月16日 二人用ゲームをプレイ

今日はお誘いを受けて色々な二人用ゲームをしにいきました。アブストラクトゲームを作る事で有名なnestorgamesというレーベルのゲームが中心。スタイリッシュコンポーネントに力を入れているようです。ここまで凝ってると結婚式とかでも持っていけそうです。
多人数ゲームのガヤガヤ感も良いですが、二人用ゲームの周りに邪魔されないなんだか静かな感じもとても素敵ですね。砂浜と避暑地の別荘みたいな差があります。もっと摂取したい。
こちらBGGのnestorgamesのページ
https://boardgamegeek.com/boardgamepublisher/10094/nestorgames

Tile Chess
アブストラクトゲーム博物館 http://www.nakajim.net/index.php?Tile%20Chess
タイルでチェスをするゲーム。ルールなどはリンク先をどうぞ
このゲームタイルがチェスのコマの動きをするのだが、それがとても上手く作られているように感じる。普通の人間はすぐには細かいコマの動きは覚えられない。しかしボードゲームは一回一回その場の雰囲気が勝負なので駒の動き方を忘れてしまうというのは良くない。チェスの動きを使う事ですぐに覚えられるようになっているのは非常に良い。アクリルで作られたコンポーネントも非常に美しい。ゲーム内容もジレンマ多めで非常に良い。

amazons
アブストラクトゲーム博物館 http://www.nakajim.net/index.php?Amazons
コマを動かす、マスを通行不能にする、先に全てのコマが動けなくなった方の負け。
大変わかりやすいルールでありながらゲームとしてはなかなかに深い。貫禄がある。
囲碁将棋程真剣にやってる人もいないだろう。敷居が高くない。非常にバランスが良い。
囲碁将棋もいいがやはり定跡覚えゲーな所があり、自分と同じくらいの腕の人を探すのがまず手間。しかもお互いに初心者だとグダる。というのを考えるとこのゲームは丁度良い。ゲームはどんな人と同卓しても楽しめるようレパートリーがあるべきだ。その点でよい。
基本的には相手より大きな陣地に引きこもるゲームである。一手一手最善を尽くしていくと通行不能マスが自然に増えていき、コマの位置の違いによる有利不利が自然に出てくる。1手1手は地味である物の、スコアの差は確実に大きくなっていく。素晴らしい。

IMG_20170316_145829.jpg
http://www.cameronius.com/games/yavalath/
アブストラクトゲーム博物館 http://www.nakajim.net/index.php?nestorgames
Yavalath
へクスタイルを使った4目並べ。ただし3目並べてしまうと負け。
機械学習か何かで作られたゲームだそうで、なかなか決着がつかないようになっているらしい。最初は4目並べに見えるが途中から置けない場所も増え、小細工が出来るところも増えてきます。
この手の石置いてく系は本当に難しいです。

strategem
自分が作ったゲームもなんだかんだでプレイ。システムも内容も面白い(自画自賛)。アラが目立つので作り直したい欲求が高まる。今のままでも十分面白いけどね。
ゲーム紹介ページの所からどうぞ。とりあえずTTSで出来るようにするつもりです。1000円くらいで売れないかな。PNPにもしたいし。

今日は以上です。明日は翻訳をやります。

ゲーム紹介
amazons
アブストラクトゲーム博物館 http://www.nakajim.net/index.php?Amazons
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/2125/amazons

Tile chess
アブストラクトゲーム博物館 http://www.nakajim.net/index.php?Tile%20Chess
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/581/tile-chess

Yavalath
BGG https://boardgamegeek.com/boardgame/33767/yavalath
アブストラクトゲーム博物館 http://www.nakajim.net/index.php?nestorgames

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448031709

この記事へのトラックバック