4月8日(土) 国分寺ボードゲーム会

今日は国立で行われた国分寺ボードゲーム会に行ってきました。
かなり広めの部屋で皆さん仲良さそうにプレイしていらっしゃいましたね。
見知らぬ人にも声をかけやすい雰囲気でした。楽しい
時間は9:00〜21:00 参加費は500円です。

YAMATAI
スーパーパズルゲーム
手番順を上手く使い、紋章を集め、人を集めて建物を建てる。
マップに自分の物を置く、という概念が薄く、物は基本的に全員の物である。
建物を建てる条件も全員共通。人に得させないように考えてプレイしなければならない。
プレイ感は物凄くプエルトリコに似てる。自分の利益と後手番の利益を常に天秤に乗せ続けなければならない。
プエルトリコの後継としてみると非常に面白い作りになっているのがわかると思う。多分意識してやってる。
例えば
・手番順が常に変わり続けるので常に同じ人をいじめている訳ではない点。
・プエルトリコで言うと建物についている特殊能力は全て早い者勝ちの一品物である点。
・プエルトリコと同様に先手が資材を補給すると後手に資材を先に使われて悲しい感じになる点。
等など。次をいってるところもある。
この前作った蜂ゲーはこんな感じにしたかったんだけど難しいね。

Euphoria 
若き天才ハンサムの作ったワーカープレイスメント
なんだかよくわからんゲーム
ディストピアの雰囲気が良く出ている。
ワーカープレイスメントではあるが、全てのマスが追い出し可能。後に来た人が入れないのではなく、先に来た人が得をするシステム。流行に乗り遅れないように上手く立ち回る。そんな感じのゲーム。

パンデミック キュア
あのパンデミックをダイスでやろうという感じ。なんていうかそのまんまなゲーム。
サイコロが最高に出れたので特に詰まるところなくクリアしてしまった。もう一回やりたい。

フッチカート
フリードマンフリーゼ作のGo outカードゲーム
出したカードより強いカードが後から出されると手札を減らせない。ただし前にいる人と同じカードを出すと強くなる。なんか波乗りが重要な感じ
盛り上がり方はバカゲーっぽい。

モダンアート
このゲーム誰とやっても殺伐とするよね
参加者のテンションによるが、大体売りの方が強い立場になりがち。
売りは売りをかけた時点で利益確定。さらに買いはちょっとでも得するために高い金を払いがち。
皆で我慢して自買いさせていくのが良いが・・・
あーでもないこーでもないそれはないとか言いながら楽しめる。
この殺伐さが心地良いは楽しめる。

Escape
ダイスたくさん振って遺跡から逃げるゲーム
1勝1敗
良い感じのアクションゲーム。協力要素もなかなか良い。
人数多いと誰がどこで何やってるのかわからないのが難点。
根がアクションゲームなので奉行が発生しえないのがグッド
工夫している点が非常に多くあり、とても良かった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448851170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック